豊かな地球環境維持のために社長ブログ

新常識シリーズ第2話<掃除機のかけ方>

2020年05月25日

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言もやっと本日開場されることになりました。長い自粛生活本当にお疲れさまでした。但し,不要不急の帰省や旅行など都道府県をまたぐ移動は531日まで自粛要請が続いており,619日までは慎重な対応が求められていますのでもう少し頑張りましょう。このように家に閉じこもることが多くなっている昨今では掃除をするご家庭が増えているとか。

 そこで今回は掃除機のかけ方について今まで当たり前だと思っていたことが実は間違いだったというお話です。既にご存じの方はスルーしてください。私と同様に間違っていた方は意外と参考になりますのでチェックしてみてください。

 

1.掃除機をかける前や掃除中には窓を開けない。

 掃除機をかける前や掃除中は排気からホコリがでるので窓を開ける方が多いと思いますが,窓を開けると床に落ちている微細なホコリが空中に舞い上がってしまい,掃除機をかけた後にゆっくりと舞い落ちてしまうので掃除中は窓を開けないのが鉄則です。さらに言えば掃除をする前はバタバタと動き回るのも同様にホコリが舞い上がるので良くありません。換気は掃除機をかけ終わってからにしましょう。

 

2.掃除機のコードは黄色のテープが見えるまで出す。

 掃除機の電気コードを引き出していると黄色のテープが出て,次に赤色のテープが出ます。黄色のテープはここまでコードを出して使用してくださいという意味です。掃除機は構造上,電気コードがモーターの近くに巻き取られているため巻き取られた状態だとモーターの熱を受けやすくなるからです。

 

3.掃除機は手前に引くときれいになる。

 掃除機をかける時は前後にゴシゴシやる方が多いと思いますが,掃除機のブラシは引いたときにゴミが掻き取られる構造になっています。特にカーペットの場合は押したときと引いた時ではかなりの差が出ます。ゆっくりと引くのが最も効果的な掃除方法です。

 

 どうですか?あなたは間違っていませんでしたか?その他にもあると思いますが,最近仕入れた新常識ネタでした。ご存じなかった方は今日から実践してみてください。きれいな部屋で過ごすのは気持ちいいですよね。

緊急事態宣言を日本全国に拡大

2020年04月17日

 昨夜,政府は緊急事態宣言が日本全国に拡大されました。感染拡大のスピードが衰えず感染者数が全国で8,000人を超えたことによるものです。

 今回は先に対象地域とされていた7都府県に加え,新たに北海道,茨城,石川,岐阜,愛知,京都を加えた13都道府県を「特別警戒都道府県」に指定しました。

 当社では既に対象地域でのテレワークを行っていますが,今回の要請を受けさらなる強化進めます。また,これまで通り不要不急の外出は極力控え,複数人での呑み会は厳禁,マスク着用の義務,手洗い,うがいを確実に行い,感染者ゼロを目指します。

 当社は私を含め単身赴任者が複数いますが,ゴールデンウィーク中の帰省も極力控えるよう要請します。私も今回は帰省せず,映画,読書三昧,時々散歩で休日をストレスなく過ごすつもりです。買い物もできるだけまとめ買いを行って買い物に出かける頻度も8割削減するよう努めたいと思います。本ブログを閲覧されている皆様も1日も早い新型コロナウイルス撲滅を目指し,しばらくの間は自分なりのストレス解消法を取り入れながら自粛生活を送ること心がけましょう。

緊急事態宣言が発令されました

2020年04月08日

 政府は新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け,2020年4月7日19時に緊急事態宣言を発令しました。対象は,東京,神奈川,埼玉,千葉,大阪,兵庫,福岡の7都府県で期間は4月7日~5月6日までの1ヶ月間が外出自粛となりました。海外のようなロックダウン(都市封鎖)とは異なり強制力も罰則もありませんが,不要不急の外出は厳に慎まなければなりません。

 日本全体の感染者数はクルーズ船の感染者数を加えても約5千人で海外と比較したらかなり少ないのですが,感染経路がわからない患者数が増えていることや,倍加時間(2倍に増える日数)が短くなってきており一刻の猶予も許されない状況のようです。

 当社でも本社,関東,千葉,関西,九州支店が対象となるためテレワークを行うこととなりました。お客様にはご不便をおかけしないよう万全を期しておりますが,行き届かない点は担当者に遠慮なくお申し付けください。可能な限り柔軟な対応をさせていただきます。。

 日本の感染者が少ないのは検査数が少ないからだと言う人もいますが,ある方の解説では死者数から感染者数を逆算すれば現状の感染者数が検証できるいうお話がありましたのでご紹介します。

 サンプルを検査体制が整っているドイツと韓国に絞ります。ドイツでは死亡者数÷感染者数=1.7%,韓国では1.9%です。一方,日本ではダイヤモンドプリンセス号が1.5%となります。何れも近い結果となっています。現在日本国内での新型コロナウイルスによる死者数は91人であり1.5%で割ると感染者は約6,000人と推測されます。韓国の1.9%で計算すると約4800人となり,現状の感染者が約5千人という結果は的はずれな結果でもなさそうな気がします。

 但し,症状が全く出ない感染者も少なからずいるそうなので,実際の感染者数は正直なところ不明ということになると思いますし,無症状の感染者が移動することにより重症患者を発生させることは絶対にやめなければならないと思います。緊急事態宣言を一人ひとりが重く受け止め,一日も早い終息宣言が発令されるよう切に願うばかりです。

2020年度入社式

2020年04月01日

202041日に本社会議室にて入社式を行いました。

今年度は新型コロナウイルスの感染リスクがあるため,例年より参加者を少なくし,席の間隔を広くとって全員マスク着用にて実施しました。

本日より新入社員の皆さんは興亜開発の一員として社会人の第一歩を踏み出すことになります。心よりお慶び申し上げます。

社長訓示では新入社員として実践していただきたいことを3つに絞ってお話しました。

1.コミュニケーション能力を高める

2.技術力の向上

3.安全管理と健康管理

他にも色々ありますが,まずは上記3つを確実に実行していただきたい。

新人教育も例年より簡素化しましたが,それぞれの職場にて1日も早く戦力となれるようしっかりと学んでいただきたい。

皆さんの成長と活躍に期待しています。

新型コロナウイルスに「ダチョウの力」が有効!?

2020年03月12日

 皆さんは「ダチョウマスク」をご存知でしょうか。今回は310日放送の「ガイアの夜明け」で紹介された「ダチョウマスク」のお話です。

 ダチョウは非常に免疫力が高く,ウイルスを注射したら23日で抗体が作られ,その抗体は卵にも含まれるという。その卵を希釈してマスクにコーティングしたのが「ダチョウ抗体マスク」である。2008年にインフルエンザの抗体をコーティングした「ダチョウ抗体マスク」はこれまでに約8千万枚が売れたという。通常のマスクではウイルスがマスクの表面に付着するためマスクを外す時に触らないようにしなければ感染する可能性があるが,「ダチョウ抗体マスク」はウイルスに対する抗体を含んでいるためマスクに付着したウイルスが死滅するというのです。素晴らしい!!

 現在,新型コロナウイルス用の抗体作りにも取り組んでおり,約1ヶ月後の実現を目指しているそうである。口や鼻からの感染を防ぐグミやキャンディ,スプレーなどの開発も行うとのこと。期待できますね。

 開発したのは京都府立大学動物衛生学研究所の塚本康浩教授で,長年に渡りダチョウの免疫力の高さに注目して研究を続けてきたそうである。ダチョウは60年くらい生きることができる強い鳥だったんですね。ダチョウさんに感謝!ですね。

参考URLhttps://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20200310.html

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ、資料請求はお気軽にお問い合わせください。

お問い合せはこちら

社長ブログ

地質・環境トピックス

ページトップへ