豊かな地球環境維持のために社長ブログ

安全祈願

2021年01月15日

本日,成田山深川不動堂にて安全祈願を行ってきました。

例年,関東支店の社員と協力業者様が大人数で安全祈願し,その後直会で親睦を深めるというのが慣わしのようになっていましたが,今年は緊急事態宣言中でもあり中村安全委員長と私の二人だけでご祈祷を受けてきました。

本堂に入る際には係の方がアルコール消毒と検温を行っており,座席も三方が仕切られ2人分の席に一人が座るようになっていました。例年では考えられない程参拝客は少なくゆったり感がありました。また,風通しを良くするために入り口は全て開放しており床暖房があってもかなり寒かったです。

ご祈祷は僧侶が全てマスク着用している以外はいつも通りの激しい太鼓が響き渡る中での護摩祈祷で,心が洗われて身が引き締まる思いでした。

話は変わりますが,今年の節分は2月3日ではなく2月2日だそうで,なんと124年ぶりとのこと。深川不動堂でも毎年豆まきの行事を行っていたが今年は中止にしたそうです。またこちらでは節分の福豆も販売しており,この豆は富良野産でとても美味しいので豆まきには使わず「鬼は外」と言ってはひとくち食べ,「福は内」と言ってはまたひとくち食べてほしい。そして豆まきに使う豆はコンビニで買っていただきたいとご祈祷のあとにジョークを飛ばしていました。今まで買ったことはなかったのですが,酒のつまみにと思い一箱購入しました。(2月2日まで持つかな?)

社員,協力業者の皆様,今年も一年無事故で安全作業をよろしくお願いします。そして一日早くコロナが収束しますように心よりお祈り申し上げます。

成田山深川不動堂

 

深川不動堂の美味しい福豆

2021年の新年ご挨拶

2021年01月05日

皆様,新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

今回の年末年始休暇は1226日~14日まで10連休という長いお休みとなりましたが,コロナ感染防止のため自宅にて家族全員ステイホームで静かに過ごしました。

昨年を振り返れば,お酒をこよなく愛する小生も楽しい呑み会は新年互例会と2月3日の安全祈願祭後の直会が最後で,新入社員の歓迎会もせず,花見,技術発表会,旅行会,忘年会,納会等イベントは全て中止となりました。もちろん多人数が集まる場所での会食やセミナー等全て不参加とし,個人的にもお酒を提供する飲食店には一歩も足を踏み入れていないという寂しい一年でした。それまで毎日晩酌をする習慣を身に着けていましたが,昨年の6月からは翌日が休みの日だけ呑んでも良い(通常週2日)というマイルールにして,体重も少し落ち,肝臓の値も全て正常値となりました。

そして,常時マスクを着用することやソーシャルディスタンスの確保にも慣れて生活スタイルは随分変化したように思います。

でも若い方はエネルギーが余って発散したいのだろうなあと思いますが,もうしばらく辛抱してくださいね。

さて,2021年丑年はどんな年になるのか。十干十二支では辛丑(かのとうし)にあたり,まだ結果を求める時期ではなくコツコツと基礎固めをし,目の前の仕事をきちんとこなしていれば将来の成功につながる年のようです。焦らずじっくりとやりましょう。

コロナの収束はまだまだ先のようですが,出口のないトンネルはない,夜明けのこない夜はないと言います。感染対策だけはしっかりと行い,悲観的にならず楽観的に日々を過ごしましょう。

それでは今年一年が皆様とご家族にとって素晴らしい一年となりますようお祈りして新年のご挨拶とさせていただきます。

2021年の初日の出(Wダイヤモンド富士をテレビ中継していたのでスマホで撮影しました)

禁煙したい方には朗報かも!!

2020年11月18日

厚生労働省は1111日,医療スタートアップのCureAppが開発した禁煙治療向けスマートフォンアプリを保険適用すると決めた。国内初の治療用アプリである。医薬品のように医師が患者に処方し,患者がスマホにダウンロードして使う。アプリによる助言や指導で禁煙を支援してくれるらしい。

発売は121日で診療報酬は25,400円。アプリの他に一酸化炭素を測る機材の代金も含まれている。患者は原則3割負担なので7,620円ということになる。但し,通常の診察料や薬剤費は別途必要。無料アプリが多い中で決して安くはないが,一昔前と違って増税でタバコも1500円以上となっている中,禁煙を検討中の方には朗報かも。

参考URLhttps://medit.tech/cure-app-insurance-coverage-2020/

日経XTREND記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65493340X21C20A0000000/

歯磨きが新型コロナウイルスに有効!?

2020年11月13日

新型コロナウイルスの感染が再び拡大傾向にあり,第3波の到来とも言われるようになってきました。昨日(11/12),東京では新たに393人の感染が確認されました。(当社は未だ感染者ゼロを更新中です)全国的にも感染者数が急激に増えており,これから寒くなるとともに湿度も下がるため新型コロナに限らずインフルエンザなどウイルス感染しやすくなりますので注意が必要です。 

そうした中で政府は「新しい生活様式」の3つの基本として①ソーシャルディスタンスの確保,②マスクの着用,③手洗いを推奨しており,「3蜜」の回避も強く訴えていますが,それらの他に今回は歯磨きが新型コロナウイルスに大変有効であるというお話しをさせていただきます。 

もともと歯周病になると心臓病や脳梗塞あるいは糖尿病などの症状が悪化することは知られていますが,英国の研究で新型コロナウイルスにより死亡した人を調べた結果,歯周病菌が大量に見つかったという報告がありました。

日本では,歯周病は20歳代で約7割,60歳代では約9割がかかっているといわれており,全世界で最も患者が多い病気として2001年ギネスブックにも掲載されました。 

では,歯周病になるとなぜ新型コロナウイルスに感染しやすくなるのかというと,歯周病菌はプロテアーゼという酵素を出し,これが粘膜を傷つけてウイルスを侵入しやすくします。また,歯周病で歯ぐきに慢性的な炎症が起きていると炎症物質(IL-6)が産生され,ウイルスによる感染を促進するということです。 

子供が新型コロナウイルスに感染しにくく軽症や無症状ですむのも歯周病が殆どないことが理由のひとつといわれており,正しい歯磨きを行うとインフルエンザの発症率が10分の1に減った例もあるそうです。 

歯周病予防には食後の歯磨きが最も有効なことは当然ですが,前述の通り大半の人が既に歯周病にかかっていますので,定期的な口腔ケアとして歯医者さんで歯石を除去してもらうことも重要です。小生も約10年前に歯周病と診断されてから歯科医の指導により15回以上(起床時,毎食後,就寝前,+α)の歯磨きを続けています。磨き過ぎでは?という話もありますが,歯磨き粉は原則使用しませんので歯が削れるということはありません。また,タバコを吸う人は歯周病にかかりやすいということですので喫煙者の方は要注意です。このブログをご覧になった皆さんも是非歯磨きを正しく行って新型コロナウイルスに対する自己防衛を心がけましょう。

自転車に乗って思うこと

2020年08月26日

最近自転車に乗る機会が増えて,色々感じたことを綴ってみたいと思います。(ほぼ愚痴)

自転車は風を受けて走るので,ゆっくりと漕げば猛暑の中でも意外と楽に移動できる便利な乗り物だと思います。また最近は新型コロナの影響で3蜜状態の公共交通機関を嫌って自転車通勤に変えている人も多いようです。

これはプチ自慢ですが,当社は2km以上の通勤距離であれば自転車でもバイクや自動車と同様に月額4,200円の通勤手当を支給しています。自分で言うのも変ですが手厚い会社ですよね。

さて,話を元に戻しますが,自転車は軽車両に当たるため,自動車やバイクと同様に車道の左側を走行するのが原則です。(※歩道を通行できる条件はあります)しかし,知ってか知らずか歩道を走る自転車がいかに多いか驚きます。これは自分が歩行者の立場で後ろから猛スピードで追い抜く自転車に何度もヒヤリとした怖い思いをした経験があり歩道を走行するのは本当にやめたほうが良いと思います。

東京は殆どの道路に自転車レーンが設定されており,私もルールに則り車道の左側を走ることにしているのですが,自転車レーンを塞いで駐停車している自動車が多いことに困っています。それらを避けて走ろうとすれば車道の真ん中を走ることになり自動車と接触したらひとたまりもありません。悔しいことに駐停車している車を覗けばスマホをいじっている人や寝ている人が大半で,そのために自分が危険を冒しているのかと思うと???な気持ちになります。もう少し自転車の安全も確保してもらいたいものです。ただ,これまで自動車主体だったときの自分もあまり自転車のことは考えていなかったような…。

一方で自転車に乗る人も信号無視,交差点で脇道から左右確認や徐行なしで飛び出す,車道の右側を走る(そういう人に限って道を譲らない),耳にイヤホンを差し込んでの運転などマナーの悪い人も結構見かけます。

自転車は運転免許証が不要な乗り物だからそうなるのでしょうか。明らかに自動車運転免許証を持っているような人でも自転車に乗るとルール無視になる人もいます。最近は電動自転車の普及も進んでおり,かなりのスピードで走ることができるため事故になった時のことを想定すると身震いします。

便利な乗り物だけにみんながルールを守って気持ちよく利用したいものですね。

お盆を過ぎても残暑が厳しい毎日ですが,熱中症にも気をつけながらどうか皆様ご安全に!

 

※自転車が歩道を通行できる条件

  • 「自転車通行可」の道路標識または「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある歩道を通るとき
  • 運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている場合
  • 安全のためやむを得ない場合

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ、資料請求はお気軽にお問い合わせください。

お問い合せはこちら

社長ブログ

地質・環境トピックス

ページトップへ